初詣の前に。

初詣を前にして、参拝の作法の動画を御案内致します。

この度、神道青年全国協議会(青年神職の全国組織)は、新たにYouTubeチャンネルを新設し、参拝の動画を制作しました。

私が全国の役員として担当している事業で、沢山の方に観ていただきたくご案内致します。

是非チャンネル登録をお願いします

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

 

〈祢〉

収穫に感謝し新穀を供える 秋季大祭 新嘗祭斎行

去る11月23日は勤労感謝の日。昭和23年に「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨で定められました。
もとは新嘗祭(にいなめさい)という宮中でのお祭りの日であり、天皇陛下が御自ら五穀の新穀を天神地祇{てんしんちぎ(天つ神と国つ神。すべての神々)に進め、また 御自らこれを食して、その年の収穫に感謝するという宮中祭祀の中でも最も重要な祭事。我々神職もこの新嘗祭を奉仕するまではその年の新穀は口にしません。

この新嘗祭は宮中だけでなく全国の神社でも斎行します。

当社においても氏子総代神社委員また地域の公職者が参列する中、厳粛に斎行。
神饌田にて収穫したお米をはじめ、氏子地域より奉納された新穀を神前にお供えしました。

IMG_9336[1] IMG_9347[1] IMG_9354[1] IMG_9369[1] IMG_9373[1] IMG_9376[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

御祭儀に引き続き 御神前にて北海道神社庁々長名の感謝状(八幡愛宕神社奉賛会会長)、上川支部長名の感謝状(中央地区市民委員会女性部)をそれぞれ伝達いたしました。
その後、社務所にて直会がありました。

〈祢〉

 

 

今年最後の禊が終わりました。

旭川神社むすひ会は4月から11月まで毎月禊を行っております。

本日は11月の禊。今年最後の禊を終えました。

むすひ会の皆さんのおかげで、無事禊を行うことが出来ました。

今年も沢山の出会い、ご縁をいただきました。

来年も2月3日の禊、そして4月より毎月行います。

氏子地域の繁栄と会員それぞれの御隆昌を祈ります。

IMG_6898[1] IMG_0234[1] IMG_0236[1] IMG_0241[1] IMG_0253[1] IMG_0258[1] musuhiktusinn

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むすひ会機関誌「なおひ」第6号が配布されました。

毎回会長が編集されております。濱埜会長、ありがとうございます!!!

 

〈祢〉

神嘗祭当日祭を斎行

10月17日は伊勢神宮神嘗祭の日です。
当社でもこの日に合わせて総代、顕勲神社役員が参列する中、毎年神嘗祭当日祭を斎行いたします。

祭儀の中で、先日の抜穂祭で収穫した稲穂を御神前にお供えしました。

IMG_8993[1]

 

 

 

 

11月23日の新嘗祭には神饌田で穫れた神饌米を精米して御供えします。

また旭川神社例大祭、顕勲神社英霊祭の決算報告がありました。

 

〈祢〉

 

平成29年 抜穂祭を斎行

去る10月1日 午前11時より抜穂祭(ぬいぼさい)を斎行いたしました。
春に御田植祭にて田植えをしました早苗もたわわに実り稲刈りのお祭りをいたしました。

当日は秋晴れの中、無事抜穂祭を斎行する事ができました。

この抜穂祭は、古来 鋭利な刃物がない時代、稲を抜いて収穫していた故事にならい
現在でも抜穂祭として全国の神社で斎行されております。

御祭儀終了後には子供たち、神社役員の皆様に稲刈りを行って頂きました。
このお米は1年間毎朝、神饌米として1升ずつお供えします。

御奉仕頂きましたご来賓、神社役員委員をはじめ敬神婦人会の皆様、一般参列者の皆様に厚く御礼申し上げます。

僅かですが参加したお子さんには新嘗祭の後、お米をお送り致します。

 

DSC_0058[1] DSC_0055[1] DSC_0049[1] DSC_0047[1] DSC_0036[1]

 

 

 

 

 

 

 

〈祢〉

 

 

北海道神社庁主催 北海道地区神道行法錬成研修会が開催

去る9月25日、26日の1泊2日の日程で平成29年度 道神社庁 北海道地区神道行法錬成研修会が旭川神社にて開催されました。

当日は神職14名の他に旭川神社むすひ会(みそぎ会)のメンバーも途中より加わり、盛大に開催されました。

研修の中で講義の他に神社の禊所にて4回の禊、夕拝時には社殿にて 鎮魂も行いました。

夜の禊は仕事を終え、参加したむすひ会会員も含め28名となりました。

近隣の皆様には大変お騒がせしました。

途中で大雨と雹(ひょう)が降り、研修生は驚いておりました。

しかし無事終えることができ、充実した研修会となりました。

IMG_8681[1] IMG_8683[1] IMG_8699[1] IMG_8706[1]

 

 

 

IMG_6552[1] IMG_6555[2]

 

 

 

〈祢〉

はじめて観月祭を斎行しました。

なかなか更新できず、申し訳ありません

3つほどアップさせていただきます

 

去る9月24日、観月祭を斎行しました。

当社でははじめての斎行でありました。

24日午後7時、神社右庭にて祭場を設け、手作りの団子とススキをお供えし、かがり火が焚かれる中、神社

の神様とお月様に「橘会」による三条神楽を奉納いたしました。

現在習得している曲数全てを奉納しました。

幻想的な雰囲気の中、神楽会の皆さんは持てる力全てを出し切り、神様に奉納しました。

終了後は直会としてみんなで団子を食べました。

残念ながら満月ではなく、しかも反対方向に月が出ておりましたので、写真の月は合成です!(笑)

来年も斎行予定。

 

 

観月祭[1]21761430_1546311845448543_7728292150945662234_n 22008064_1546311852115209_2942408448859311325_n 21766624_1546311858781875_1988313119319753010_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈祢〉

敬神婦人会が盆踊りで優勝!!

去る8月17日 旭川市東旭川恒例の第52回東旭川盆踊り大会が開催されました。

旭川神社敬神婦人会は平成27年にこの盆踊り大会に参加。今年で三回目。

本年で出場は最後としていました。しかし・・・・

なんと大人団体の部で優勝してしまいました!!

敬神婦人会の皆様、おめでとうございます !!

IMG_8213[1]

 

 

 

 

 

 

〈祢〉

平成29年 御鎮座125年 例大祭を斎行

去る8月14日15日16日 神社で一番大きな行事である、年に一度の例大祭が斎行されました。
本年は御鎮座(神様がこの地にお鎮まりになる)125年。125回目のお祭り。

14日は清めの雨が降る中、宵宮祭を斎行。御神輿に御霊代を奉載し、屯田みこし保存会が中心となって近隣の神輿会が参加し東本町を練り歩きました。残念ながら子供みこしと舞姫のお神楽奉納は中止となりました。

翌15日は早朝本祭を斎行し、お供する祭典正副委員長をはじめ各地域の神社委員さんが装束を来て神幸式(氏子地域を神輿行列でまわる 本年は桜岡、豊田、瑞穂、米原をまわりました)に出発。車列17台での行列となりました。
12カ所の御旅所をまわり午後3時半神社に到着。奉載した御霊代を本殿にお遷ししました。
日中境内では神楽殿にて呈茶席(お抹茶の)が設けられ、午前中だけでも100名以上がお越しいただきました。

翌16日は後日祭を斎行。旭川中学校体育館では恒例の「第45回祭典奉納少年剣道大会」が行われました。夜は神々の森コンサートを開演。コンサートでは旭川神社橘会の三条神楽の奉納、大雪神楽会の松前神楽の奉納、そして 旭川中学校吹奏楽部の皆さんの演奏を行いました。

この例大祭に御奉賛、御奉仕頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。

 

DSC_0064[1][1] DSC_0010[1] DSC_0086 (2) - コピー[1] DSC_0072 - コピー[1] 集合[1] DSC_0028 - コピー[1] DSC_0051 (2) - コピー[2] DSC_0108 - コピー[1] DSC_0148[1] DSC_0107[1] IMG_8199[1] DSC_0065[1] DSC_0048[1][1] DSC_0042[1] DSC_0109[1] DSC_0068 - コピー[1]DSC_0007[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈祢〉

 

顕勲神社英霊祭斎行

去る7月4日、5日の日程で東旭川出身英霊(戦没者)413柱がまつられる顕勲神社英霊祭を斎行。
当日は奉賛会役員、御遺族をはじめ地域の公職者 神社委員、一般参列者が参列する中、厳粛に斎行。
各家の英霊の氏名が書かれた手向け御幣を慰霊と感謝の祈りを込めて焚き上げ、御霊の御安鎮をお祈りいたしました。
英霊祭に御奉賛いただいた地域の皆様に厚く御礼申し上げます。

DSC_0011[1][1] DSC_0018[1] DSC_0026[1] DSC_0049[1] DSC_0066[1] DSC_0081[1] DSC_0092[1] DSC_0023[1]

 

 

 

 

 

 

DSC_0057[1] DSC_0032[1]

 

 

 

 

 

〈祢〉