復興祈願祭斎行

12月6日 正午 社殿にて復興祈願祭を斎行しました。

去る9月6日には胆振東部地震により尊い人命が奪われ、道内全域停電という異常事態が発生し、通信・交通に大きな影響を与えました。

災害で亡くなられた方々の鎮魂と北海道の安寧と平和を祈願いたしました。

IMG_0001[1] IMG_0005[1]

 

 

 

 

〈祢〉

東旭川の歴史

グラフ旭川11月号に東旭川の歴史 旭川神社について 上川百万石の礎となった町についてわかりやすくまとめて掲載していただきました。

是非、お読み下さい!

グラフ旭川の島津様、ありがとうございました!!

 

グラフ旭川h3011月東旭川_01

 

 

 

 

記事はこちらからご覧下さい

〈h3011月号「グラフ旭川」掲載記事〉

 

〈祢〉

境内の旧拝殿を少し拡げました!?

去る11月16日より境内にある旧拝殿〈現在倉庫として使っている〉の裏側の拡張工事を行いました。

この工事は少しでも費用をかけずにやるということで総代さんに基礎石の埋設、壁板張り、足場設置などご奉仕いただき行いました。他の部分は大工さんにお願いしました。

長いものを保管する場所が無く、外にブルーシートをかけておりました。

見栄えが悪いとのことで今回工事いたしました。

 

IMG_9071[1] IMG_9075[1] IMG_9100[1]

 

 

 

 

総代の皆様、ありがとうございました!!!

〈祢〉

 

天皇陛下御即位30年上川地方奉祝の集い 盛大に開催!!

去る11月25日(日)、午後1時半より旭川市民文化会館大ホールにて「天皇陛下御即位30年 上川地方奉祝の集い」が厳粛盛大に開催されました。

当日は1200名を越す来場者が訪れる中、第1部 記念式典が行われました。式典に先立ち国歌斉唱。次に新谷奉祝の会会長の式辞、道知事祝辞(代理)、西川旭川市長祝辞があり、厳粛に執り行われました。

休憩(ビデオ上映「平成15年7月北海道上川行幸啓の様子」)後、第2部として竹田恒泰先生のご講演があり、終了後には奉祝の会副会長と竹田先生とともに来場者全員で聖寿万歳を行いました。

第3部として記念音楽会を陸上自衛隊第2音楽隊の演奏、引き続き日本一を何度もとっている菅野孝山親子三代の演奏・菅野孝山流孝山会30名を越える三味線の合奏などすばらしい演奏を行っていただきました。IMG_9120 IMG_9128 IMG_9129 IMG_9130 IMG_9131

 

 

 

 

 

 

 

 

また会場内に記帳所を設け、多くの来場者に記帳していただきました。
後日、宮内庁にお納めいたします。

 

 

〈祢〉

秋の大祭 新嘗祭を斎行しました

去る11月23日は勤労感謝の日。昭和23年に「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨で定められました。
もとは新嘗祭(にいなめさい)という宮中でのお祭りの日であり、天皇陛下が御自ら五穀の新穀を天神地祇{てんしんちぎ(天つ神と国つ神。すべての神々)に進め、また 御自らこれを食して、その年の収穫に感謝するという宮中祭祀の中でも最も重要な祭事。

我々神職もこの新嘗祭を奉仕するまではその年の新穀は口にしません。

この新嘗祭は宮中だけでなく全国の神社でも斎行します。

当社においても氏子総代神社委員また地域の公職者が参列する中、厳粛に斎行。
神饌田にて収穫したお米をはじめ、氏子地域より奉納された新穀を神前にお供えしました。
御祭儀に引き続き 御神前にて神社本庁総裁名の感謝状(御鎮座110年120年奉賛会長)北海道神社庁々長名の感謝状(責任役員氏子総代長・氏子総代)、上川支部長名の感謝状(長年、直会の賄い奉仕者)をそれぞれ伝達いたしました。
その後、社務所にて直会がありました。

IMG_9978[1] IMG_9981[1] IMG_9982[1] IMG_9984[1] IMG_9987[1] IMG_9989[1] IMG_9991[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長年のご奉仕、心より厚く御礼申し上げます

〈祢〉

 

今年最後の禊ぎ(みそぎ)

旭川神社むすひ会は4月から11月まで毎月禊を行っております。

去る4日は11月の禊。今年最後の禊を終えました。

真っ赤な朝日が神々しく感じました。  有り難い・・・。

むすひ会の皆さんのおかげで、無事禊を行うことが出来ました。

今年も沢山の出会い、ご縁をいただきました。

来年も2月3日の節分の禊、そして4月より毎月行います。

氏子地域の繁栄と会員それぞれの御健勝を祈ります。

また11月16日には、むすひ会の打ち上げを当会副会長が代表を務める「雪の美術館」で行いました!!

 

IMG_8993[1] IMG_8994[1] IMG_8995[1] IMG_9080[1]

 

 

 

 

 

 

 

〈祢〉

 

 

 

明治祭並びに神札頒布始祭を斎行しました!!

11月3日は文化の日。

この日は明治天皇のお誕生日にあたり、戦前は明治節と呼ばれていました。

全国の神社では、この日に明治天皇の御聖徳を偲び 国家の安寧を祈ります。

当社では総代役員、地域の神社委員や町内会の皆様が参列され 厳粛に斎行されました。

また合わせて年の暮に各ご家庭に頒布(はんぷ)される(御神札御守については「販売」という言葉を使いま

せん)

神棚の御神札をお祓いし、無事皆様のところへ届くようにお祈りします。

祭儀にあわせて、神社委員会があり、旭川神社例大祭と顕勲神社英霊祭の決算報告がなされました。

 

 

IMG_9938[1] IMG_9950[1] IMG_9954[1]

 

 

 

 

 

〈祢〉

 

沖縄遺骨収集を行ってきました。

去る10月24日、沖縄県において神道青年全国協議会の役員会が開催。引き続き沖縄戦没遺骨収集研修会があり、現在沖縄にて遺骨収集を行っている南埜氏にご講話いただきました。

翌日は午前中、壕の見学。午後から遺骨収集を行いました。
私も毎年2月に神職有志の会で行っておりますが、今回は全国の青年神職の代表が役員会に併せて遺骨収集を経験されました。
今回は2時間ほどで土嚢袋一つ分くらいのご遺骨を収集しました。
遺骨収集後、役員全員でお祓いを受け、「大祓詞」を奏上し、ご遺骨と壕が点在する山に向かって拝礼しました。

IMG_8972 IMG_8960 IMG_8971 IMG_8968

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8996

 

 

 

戦後70年が過ぎた現在でもなお、先の大戦で散華された多くの英霊のご遺骨が国内で収容されず、故郷に帰る事ができずにいます。まだまだ住宅のすぐそばや未だ手つかずの場所が多数あり、多くのご遺骨が眠っている状況です。

「太陽を見せてあげたい」

もはや、観光で沖縄には行けません・・・

来年2月に毎年恒例の神職有志の会で遺骨収集を行います。
次代に繋いでいきたいです。

〈祢〉

 

胆振東部地震被災神社義捐金のお願い

北海道胆振東部を震源とする地震により、お亡くなりになられた方々に衷心より哀悼の意を表するとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

今回我々道内青年神職は被災神社を支援するために緊急災害義捐金を募集することを決めました。集まった義捐金のすべては北海道神社庁を通じて被災神社に届けられます。

被災神社義捐金hp 

是非、ご支援いただきますようお願いいたします。

また、拡散いただきますようお願い申し上げます。

gien

〈祢〉

 

神嘗祭を斎行  御初穂をお供えしました。

10月17日は伊勢神宮神嘗祭の日です。
当社でもこの日に合わせて総代、顕勲神社役員が参列する中、毎年神嘗祭当日祭を斎行いたしました。

祭儀の中で、先日の抜穂祭で収穫した稲穂を御神前にお供えしました。

IMG_9908[1] IMG_9911[1] IMG_9912[1]

 

 

 

 

 

11月23日の新嘗祭には神饌田で穫れた神饌米を精米して御供えします。

また旭川神社例大祭、顕勲神社英霊祭の決算報告がありました。

 

〈祢〉