厄祓(やくばらい)

厄年とは?

  • 厄年は災難に遭いやすい年として、身を慎み厄を払う風習があります
  • 厄は役に通じ、人生の節目として、災難ばかりが強調されるわけではありません
  • 男性の42歳と女性の33歳は大厄で、前後の年が前厄・後厄とされます

厄 祓

令和3年 厄年(男)

25歳 平成9年生
41歳(前厄) 昭和56年生
42歳(本厄) 昭和55年生
43歳(後厄)

昭和54年生

 

令和3年 厄年(女)

19歳 平成15年生
32歳(前厄) 平成2年生
33歳(本厄) 昭和64年生・平成元年生
34歳(後厄) 昭和63年生
37歳 昭和60年生

 

令和3年 年祝(としいわい)  

節目の祝い年を迎えたことを神さまに奉告・感謝申し上げるとともに、更なる健康長寿とご家族の安泰を お祈りいたします。

 
還暦(61歳) 昭和36年生
古希(70歳) 昭和27年生

喜寿(77歳) 昭和20年生
傘寿(80歳) 昭和17年生
米寿(88歳) 昭和9年生
卒寿(90歳) 昭和7年生
白寿(99歳) 大正12年生

 

開運厄祓

  • 厄年ではない方もお祓いをお受け出来ます。
    「あまりいいことがない」「悪いことばかりが続く」など諸災解除・開運招福の御祈願です

家族祓い(家内安全・心身安全)

  • 厄年にかかわらず、家族でお祓いを受け、家内安全・心身安全を御祈願します
  • 家族皆さんに御守をお渡ししております
  • 初詣に併せて(1月2日以降)お受け下さい